米議会上院は9月10日、イラン核合意の不承認決議案の審議を進めるための動議を否決した。翌11日に米下院が核合意の不承認決議案を賛成多数で可決したが、上院で同議案が否決されているため、議会による合意の不承認は実質的に回避された。今回の核合意には共和党やイスラエルが猛反発しているが、これでオバマ政権のレガシー(遺産)として歴史に刻まれることになる。同大統領は、「外交、米国の安全保障、世界の安全の勝利だ」と表明した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2767文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「世界鳥瞰」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。