半導体受託製造の世界2位が、半導体製造技術の微細化競争から脱落した。長年続いてきた「ムーアの法則」の終焉が現実味を帯びる。半導体の集積度が上がらなくなり、コンピューターの性能向上が止まる恐れも。

シリコンバレー支局 中田 敦
1998年、日経BP社入社。日経コンピュータやITproの記者として、クラウドやビッグデータ、人工知能を担当。2015年4月からシリコンバレー支局長。
微細化競争から脱落したグローバルファウンドリーズの本社(シリコンバレー)

 半導体受託製造(ファウンドリー)世界2位の米グローバルファウンドリーズが8月末、7ナノ(ナノは10億分の1)メートルの半導体製造プロセス技術の開発を「無期限延期」すると発表した。同社は同時に技術陣のリストラも発表しており、新しい製造技術の開発を実質的に取りやめる。