米連邦準備理事会(FRB)は、過去40年の間に4回、金融引き締め政策を実施した。これらのいずれも、FRBのスタッフが予想した以上に、はるかに大きく雇用と生産を悪化させた。