金融市場の早期警戒システムを構築する必要性が、かつてないほど高まっている。だが格付け機関による現在のリスク評価手法は、主観が排除できないうえ格付け変更が遅すぎて問題が多い。金利格差やCDSなどの市場ベースの指標も、システマチックなリスク評価のメカニズムとはなり得ない。