「モデル3」の量産でEV大衆車メーカーへの転換を図る米テスラが試練に直面している。週5000台の生産目標は実現したが、非公開化を巡る調査と資金調達の懸念は消えない。テスラのつまずきは、マスク氏が掲げる他のビジョンに影響を与えかねない。

ニューヨーク支局 篠原 匡
1999年、日経BP社入社。金融・不動産や遊軍担当、日経ビジネスオンライン記者、日経ビジネスクロスメディア編集長を経て2015年1月からニューヨーク支局長
<span class="fontBold">人生最大の危機に直面したイーロン・マスクCEO</span>(写真=ロイター/アフロ)
人生最大の危機に直面したイーロン・マスクCEO(写真=ロイター/アフロ)

 米大リーグで投打の「二刀流」に挑む大谷翔平氏。右肘の故障で一時離脱したが、世界最高峰の大リーグでも二刀流が実現可能だと証明した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1133文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2018年9月3日号 120ページより目次

この記事はシリーズ「世界鳥瞰」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。