中国天津市の港湾地区で8月12日、大規模な爆発事故が発生した。事故が起きたのは天津市中心部から50kmほど離れた浜海新区の倉庫。8月17日の時点で死亡者は110人を超え、負傷者は約700人に及んだ。現場の倉庫では毒性のあるシアン化ナトリウム(青酸ソーダ)を700トンほど保管していたことが分かっており、周辺に有害物質が流出しているという。倉庫にあった化学物質に放水をしたことで化学反応が起き、爆発が起きたとの見方も出ている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2874文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「世界鳥瞰」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。