グーグルやアマゾンの大成功を目にして、STEM系の知識を子供に身につけさせようと考える親は多い。だが、破壊的なイノベーションを生み出した起業家の多くはリベラルアーツにも通じている。求められるのは、文系と理系という二者択一ではなく、新しいことを学び続ける習慣作りだ。

ニューヨーク支局 篠原 匡
1999年、日経BP社入社。金融・不動産や遊軍担当、日経ビジネスオンライン記者、日経ビジネスクロスメディア編集長を経て2015年1月からニューヨーク支局長。

 日本も米国も、親が考えることは変わらない。

 レゴが8月1日に発売した「LEGO BOOST」。小学校低学年の子供を対象にしたプログラミング学習用のレゴだ。ブロックにモーターやセンサーが内蔵されており、iPadのアプリ上でアイコンをドラッグ&ドロップすれば、組み立てたレゴを動かしたり、しゃべらせたりすることができる。

<b>アイコンの組み合わせで動かせるLEGO BOOST</b>(写真=&copy;2017 The LEGO Group)
アイコンの組み合わせで動かせるLEGO BOOST(写真=©2017 The LEGO Group)

 もうじき6歳になる記者の娘は、ブロックでネコを組み立てると、おならのアイコンと鳴き声のアイコンを交互に並べ、ネコがおならをするたびにゲラゲラ笑っていた。アイコンを組み合わせて好きなようにレゴを動かす経験は、プログラミングの基本に触れられるという点で有意義だと思う。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り898文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「世界鳥瞰」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。