8月3日、ギリシャのアテネ証券取引所が約5週間ぶりに再開したが、代表的な株価指数のアテネ総合指数は16.23%安で取引を終了した。特に最大手のナショナル銀行やピレウス銀行など銀行株が売り込まれ、アテネ総合指数は一時下落幅が23%と過去30年で最大を記録、ギリシャ経済が直面する厳しさを見せつける格好となった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2807文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「世界鳥瞰」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。