7月16日未明、ギリシャは国会で財政改革法案を可決、金融支援開始のための最初の関門を突破した。EU側も支援協議に向け動き出したかに見えるが、協議が頓挫しかねない3つの火種が浮上してきた。IMFがギリシャの債務再編を支援条件だとする一方、再編を頑なに拒否するドイツなど、予断を許さない。