米政府職員などの個人情報が大量に流出した問題で、サイバー攻撃の的になった米人事管理局(OPM)のキャサリン・アーチュレタ局長が7月10日付で辞任した。OPMは9日、米史上最大規模となる2210万人の個人情報がデータベースから盗まれたという調査結果を公表。同局長の危機管理能力を疑問視する声が野党・共和党だけでなく、与党・民主党からも高まっていた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2700文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「世界鳥瞰」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。