英国によるEU離脱決定は、ロンドンのフィンテック企業も揺さぶっている。英国とEUとの交渉次第で、中心顧客である金融機関がロンドンから移転する可能性があるからだ。行く末を危ぶみ、投資家が資金を出し渋る事例も出始めた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1297文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員なら

人気コラム、特集…すべての記事が読み放題

ウェビナー日経ビジネスLIVEにも参加し放題

バックナンバー11年分が読み放題

日経ビジネス2016年7月18日号 94ページより目次

この記事はシリーズ「世界鳥瞰」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。