米FRBが年内に予定している利上げに踏み切れば、新興国市場に悪影響が及ぶと懸念されている。だが大半の新興国は以前とは異なり、財政も金融システムも健全になっているため、被る打撃は限定的だ。確かに一部の新興国に問題はあるが、その原因は失政など国内事情によるもので米国の利上げとは無関係である。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2764文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題