中国の株式市場が6月のピークから3割も下落するなど、大揺れに揺れている。今年初めから一気に上昇した後の急落に多くの個人投資家は困惑を隠せない。政府などは株価対策を連打。だが、株価急落が景気減速に拍車をかける可能性も出てきた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3010文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題