香港当局が6月末、一帯一路サミットを開催。55カ国・地域から約5000人が集まった。基調講演に立ったタイのソムキット副首相は「米国第一主義」を批判しつつ、一帯一路への期待を改めて表明した。バランス外交を得意とするタイ。その経済政策の司令塔が踏み込んだ発言をした背景とは。

バンコク支局 飯山 辰之介
2008年、日経BP社入社。製造業や流通業などを担当。13年、日本経済新聞に出向。15年に日経ビジネス編集部に復帰し、17年9月からバンコク支局長。
<span class="fontBold">香港で開かれた一帯一路サミットで講演するタイのソムキット副首相</span>
香港で開かれた一帯一路サミットで講演するタイのソムキット副首相

 中でも、一帯一路への強力な援護射撃を行ったのがタイだ。「(中国の)習近平(シー・ジンピン)国家主席は一帯一路を通じて各国を結びつけようとしている」。基調講演に立ったタイのソムキット副首相(経済担当)はこう話し「一帯一路こそ世界が不安定化するのを防いでいる」と持ち上げた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り959文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2018年7月9日号 85ページより目次

この記事はシリーズ「世界鳥瞰」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。