6月25日、TPA(貿易促進権限)法案と関連法案が米議会を通過した。TPAは議会が持つ外国との通商交渉権を大統領に一任する権限。これによりオバマ政権は、TPP(環太平洋経済連携協定)合意に向けた国内最大のハードルを乗り越えたことになる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2669文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「世界鳥瞰」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。