IT関連市場の一部で、シリコンバレーの大手による自然独占が実現している。彼らは、利用者が生み出すデータから利益を上げる一方で課税を逃れている。独禁法による規制を受けないようロビー活動を強める。この独占は打破しなければならない。

IT大手のトップが6月19日、ホワイトハウスに集まった。左からジャレッド・クシュナー上級顧問、アップルのティム・クックCEO、トランプ大統領、マイクロソフトのサティア・ナデラCEO、アマゾン・ドット・コムのジェフ・ベゾスCEO
(写真=Abaca/アフロ)