ロシアのクリミア侵攻に対する制裁に関し、米国とEUとの間で温度差が生じている。EUの制裁は緩く、欧州エネルギー企業はロシア企業との協力を継続する。一方、米企業は順守を厳しく求められ、ロシア事業からの後退を余儀なくされている。

経済制裁の「抜け穴」を通じて、EU諸国はロシアと石油開発を続けている
(写真=左:代表撮影/AP/アフロ、右:読売新聞/アフロ)