海外における日本酒ブームの牽引役は米国と中国で、欧州の存在感は薄い。旭酒造は和食の酒というイメージを払拭し、フランス料理店で「獺祭」を展開する。粗悪な日本酒が出回るなか、物流を見直して品質管理に力を入れる。

ロンドン支局 大西 孝弘
2001年、日経BP社に入社。06年から本誌で自動車などを担当。11年から日本経済新聞で化学と通信を担当。日経エコロジーを経て18年4月からロンドン支局長。
<span class="fontBold">パリのフレンチレストランでは、ロブション氏のセンスで獺祭を提供する</span>
パリのフレンチレストランでは、ロブション氏のセンスで獺祭を提供する

 日本酒「獺祭」の蔵元である旭酒造(山口県岩国市)が欧州展開を強化している。6月19日に、フランス・パリでレストラン「ダッサイ・ジョエル・ロブション」を全面開業した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1059文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「世界鳥瞰」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。