「圧勝」との当初予想とは裏腹に、英下院選挙で屈辱的な敗北を喫したテリーザ・メイ英首相。早期の解散・総選挙を決めたことに対する責任論が保守党内でくすぶる中、翌日には堂々と続投を宣言した。同氏の辞任は、保守党政権の陥落を招きかねない上、EU離脱交渉を今以上に混乱させる可能性が高いためだ。

下院選挙翌日、首相官邸前で演説するテリーザ・メイ英首相。辞任の考えはないことを明言した(写真=Carl Court/Getty Images)

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2359文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「世界鳥瞰」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。