トランプ政権下の米国が自国第一主義へと傾倒する中、国際社会は中国を新たなリーダーとして認識しつつある。しかし、中国は自国に有利に働くよう振る舞うだけで、真のリーダーシップを発揮しようとしない。背景には、外交の失敗が国内政治に影響するのを避けようとする思惑がある。

6月、中国の李克強首相(中央)はEUのトゥスク大統領(左)らと会談した(写真=ロイター/アフロ)