eコマースの競争力強化に腐心してきた米ウォルマートの努力が、ようやく実を結びつつある。その立役者は、ウォルマートが買収したジェット・ドット・コムの創業者、マーク・ロア氏だ。全米で約4700に上る店舗と160万人の従業員というアセットを活用してアマゾンを追撃する。

ニューヨーク支局 篠原 匡
1999年、日経BP社入社。金融・不動産や遊軍担当、日経ビジネスオンライン記者、日経ビジネスクロスメディア編集長を経て2015年1月からニューヨーク支局長。

 それぞれの“賭け”は今のところ吉と出ている。

 eコマースの競争力強化に腐心してきた米ウォルマート・ストアーズ。2017年2~4月期の同事業の販売額は前年同期比63%増と大きく伸びた。昨年8月に30億ドルで買収した会員制ネット通販ベンチャーのジェット・ドット・コムと、同社のCEO(最高経営責任者)からウォルマートのeコマース部門責任者に横滑りしたマーク・ロア氏の影響だ。

<b>ウォルマートのeコマースを立て直したロア氏</b>  (写真=AP/アフロ)
ウォルマートのeコマースを立て直したロア氏 (写真=AP/アフロ)

 ウォルマートのダグ・マクミロンCEOにとって、eコマースの競争力強化は喫緊の課題だった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り945文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「世界鳥瞰」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。