米小売り最大手のウォルマートは国内150万人の従業員向けに学位取得支援プログラムを始めた。スキャンロボットの導入など生産性向上の取り組みを進めるのも、人材の確保と引き留めのためだ。深刻化する一方の人手不足が企業の生産性向上を促せばいいが、どうだろうか。

ニューヨーク支局 篠原 匡
1999年、日経BP社入社。金融・不動産や遊軍担当、日経ビジネスオンライン記者、日経ビジネスクロスメディア編集長を経て2015年1月からニューヨーク支局長
陳列や在庫などを確認するスキャンロボット

 米小売り最大手のウォルマートは5月、従業員向けの新たな教育支援策を発表した。ウォルマートや傘下の会員制スーパー、サムズクラブで働く従業員に対する大学の学費補助だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1085文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「世界鳥瞰」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。