トランプ大統領が、米国はパリ協定から離脱すると宣言した。これは、啓蒙主義に基づく進歩を覆そうとするものだ。道理と科学を無視するその姿勢は、同政権の税制や医療制度の改革案にも表れている。そのような米国にもはや頼ることはできない。欧州や米国民は行動を起こすべきとスティグリッツ教授は訴える。

ジョセフ・スティグリッツ氏
1943年米国生まれ。米アマースト大学卒、67年米マサチューセッツ工科大学で経済博士号取得。95~97年クリントン政権で大統領経済諮問委員会委員長、97~2000年世界銀行のチーフエコノミスト。01年にノーベル経済学賞受賞。現在は米コロンビア大学経済学部教授。11年に米誌「タイム」の「世界で最も影響力のある100人」に選ばれる。『世界の99%を貧困にする経済』など著書多数。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3066文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「世界鳥瞰」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。