英国のEU離脱を巡る国民投票を前に金融機関が、離脱した場合のロンドンに代わる拠点を探し始めている。有力候補は隣国アイルランド。英国に近く、公用語が英語であることが大きなアドバンテージとなっている。雇用増につながるアイルランドにとっては歓迎すべきことだが、素直に喜べない事情もある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1382文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

世界の頭脳に学ぶウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「世界鳥瞰」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。