歯に衣着せぬ発言が売りのトランプ氏だが、「トランプ」銘柄の物件賃料が値下がりしている。中国や新興国経済の失速に伴う需要減少が一因。加えて、同氏を嫌う人々が避けているという声も。保護主義や孤立主義を進めれば、ホームであるマンハッタンの不動産も打撃を受けるだろう。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1357文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「世界鳥瞰」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。