仏大統領選でマリーヌ・ルペン氏が敗北したのを受けて、同氏が率いる国民戦線内で派閥抗争が熱を帯びている。一方の勢力は反EU・反グローバル化に軸足を置く。もう一方は、フランス固有の価値を重視する勢力だ。どちらが主導権を握るかは、ユーロ圏離脱をめぐる同党の今後の姿勢に表れるだろう。