ロシアの再生可能エネルギー事業が伸び悩んでいる。全エネルギーに占める割合は中国、ブラジルの後塵を拝す。化石燃料が豊富にあることと、石油・ガスの独占企業が政府の影響下にある構造が問題の背景にある。政府も前向きな姿勢を示すが財源不足に悩む。ただし、民間企業の一部は意気軒昂だ。