「近代マレーシア建国の父」と呼ばれるマハティール氏が首相の座に返り咲いた。汚職廃絶や税制見直しなどを掲げる同氏に、国民だけでなく日系企業からも期待の声が上がる。中国への傾斜を強めていた同国の姿勢も変わりそうだ。

バンコク支局 飯山 辰之介
2008年、日経BP社入社。製造業や流通業などを担当。13年、日本経済新聞に出向。15年に日経ビジネス編集部に復帰し、17年9月からバンコク支局長。
マハティール氏は世界最高齢の指導者として、再び国のかじ取りを担う(写真=ロイター/アフロ)

 5月9日はマレーシアにとって歴史的な日となった。総選挙で、1957年に独立して以降初めて政権交代が起きたのだ。大方の予想を裏切り、マハティール陣営が勝利。かつて22年にわたり首相の座にあった同氏が返り咲き、92歳にして再び国政を担う。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1067文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「世界鳥瞰」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。