先進国、新興国を合わせて、世界経済に明るい兆しが見えない。潜在成長率が低下しているのだ。投資が減少し、生産性が伸びず、格差が拡大し、支出が増えないという悪循環に陥っている。構造改革が必要だが、その種の改革は成果が上がる前にコストが表面化するため、政治的に難しい。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2975文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「世界鳥瞰」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。