グーグルなど「データの巨人」が小説『1984年』で描かれた管理社会を彷彿させる世界を創り出している。大量のデータを武器に市場の動きを細かく把握。新興企業が参入できなくなる状態を危惧する声が出始めている。ただし、企業分割など、かつて同じく巨人だった石油会社に適用した手段は時代にそぐわない。新たな策が必要だ。