南米アルゼンチン、チリ、ペルー沖で、中国漁船が大規模なイカ漁を展開している。中国近海で水産資源が激減し、連鎖的失業を恐れる中国政府が遠洋漁業に補助金を出したことが原因だ。イカがほかの魚のように乱獲で減少するかは不明。だが、中国の水産業は明らかに過剰投資状態にある。