NAFTA再交渉など、トランプ大統領が進める強硬な通商政策に、米国の農業事業者が懸念を強めている。保護主義的な政策が貿易戦争を招き、輸出市場を失う恐れがあるからだ。選挙の結果からも、トランプ氏の当選を支えた農業州における共和党支持が衰えているのが分かる。