漏電に伴う感電事故がたびたび起きるなど、米国ではインフラの老朽化が深刻だ。 インフラ投資は世界を覆う“需要欠乏症”に対する処方箋だが、予算上の制約も大きい。