政府の規制強化で、米製薬大手ファイザーは同業アラガンに対する買収計画を撤回した。 一方、今回流出したパナマ文書は、企業や富裕層が節税にいそしむ現状を白日の下にさらした。 租税を巡る政府と企業のいたちごっこ、その後に残るのは複雑な規制と格差の拡大だろう。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り6104文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2016年4月18日号 88~91ページより目次

この記事はシリーズ「世界鳥瞰」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。