4月末で発足100日を迎える米トランプ政権。側近の辞任や自身のツイートなどで不安定な政権運営が続く。化学兵器を使用したとみられるシリアには攻撃を命じたが、北朝鮮など世界では「力の空白」を突く動きも。新政権をどう評価するか。米ハーバード大のジョセフ・ナイ教授に聞いた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2793文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「世界鳥瞰」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。