アマゾンや大手書店チェーンに駆逐された独立系書店がその数を増やしつつある。コミュニティー、キュレーション、コンヴィーニングの3つの「C」が再生のカギだ。書店と書籍に情熱を持つ若手経営者の増加は業界の明るい未来を映し出している。