米コカ・コーラをはじめとする大手企業が、ユーチューブへの広告出稿を取りやめると発表した。好ましくないコンテンツの周辺に広告が表示されるケースがあることが明らかになったからだ。オンライン広告をめぐる環境は平穏とは言えない。テレビ局からの反撃、有料コンテンツの不足などに直面する。