3月の全国人民代表大会で憲法が改正され、習近平氏が国家主席の座に終身とどまることが可能に。文化大革命を引き起こした個人崇拝の復活を感じるが、終身制を支持する若者も。民主主義vs「中国型発展モデル」のイデオロギー論争になれば、米国との対立が一層深まりかねない。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1365文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「世界鳥瞰」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。