クラウド事業者や通信事業者の「サーバーメーカー離れ」が加速している。 ハードはネット企業が共同開発し、台湾ODM企業から直接調達する。 2025年までに大手既存メーカーの多くが姿を消す可能性が高まっている。