米国のティラーソン国務長官は3月中旬、就任後初めて訪問したアジアで、北朝鮮問題を主な議題にした。同氏が北朝鮮への先制攻撃も辞さないと発言したことで、両国間の緊張が高まっている。だが、金正恩委員長の行動の意図を読み解けば、決して武力が最善の手段ではないことが分かるだろう。