一国二制度が保証されているものの、中国本土の色に染められつつある香港。 メディアも畏縮する中で、新たなテレビ局が誕生する。 タブーをいとわず過激な民主派議員を出演させるその運営方針に香港の民主派は期待をかける。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1388文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「世界鳥瞰」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。