一国二制度が保証されているものの、中国本土の色に染められつつある香港。 メディアも畏縮する中で、新たなテレビ局が誕生する。 タブーをいとわず過激な民主派議員を出演させるその運営方針に香港の民主派は期待をかける。