インドの電子商取引市場は現在、国内の既存企業2社と2013年に参入したアマゾンの三つどもえだ。競争は熾烈で、各社とも赤字をいとうことなくシェアを争っている。さらに中国アリババも規模の拡大を進める。国内企業が資金調達に苦労する一方、アマゾンは資金力とサービス品質で差異化を図る構えだ。