米FRBは3月15日、政策金利の引き上げを決定。12月に続く利上げで、年内に3回との見通しは変わらない。イエレン議長は、インフレの動向よりも、4.7%という低い失業率を重視した。トランプ大統領はFRB議長の交代を示唆していたが、同政権の政策にはイエレン氏の再指名が合致するだろう。