米下院共和党がまとめた法人税改革案には、税率の引き下げに加え、「国境調整税」の導入が盛り込まれた。これは、輸出を奨励する一方、輸入品への課税を強化することで、米国経済を保護しようというものだ。だが実際には意図した目的を果たせないどころか、国内外の経済に与える打撃が大きい点に注目すべきだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2578文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題