米ウーバーは規制当局や競合が自社の配車サービスを利用できないようにする社内システムを運用してきた。同社は違法性はないとするが、その存在発覚から1週間で規制当局者を対象とする使用については中止を発表。2月からトラブルが続発しているウーバーでは、幹部を含め転職を希望する社員が増えているという。