米大統領選以降、株価が高騰する半面、米銀行の貸出残高が減少を続けている。政治の先行きが不透明なことや、低金利に慣れた企業や家計が借り控えしていることが理由とみられる。銀行も、延滞率の上昇に対応して貸し出し基準を厳格化している。