英国で快進撃を続ける日立製作所の鉄道事業に、思わぬ政治リスクが浮上している。 6月23日に実施が決まった英国の欧州連合(EU)への残留の是非を問う国民投票だ。 当初離脱は低いと見られていたが、ここにきて状況が一変。展開次第では事業に影響が及ぶ可能性もある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1437文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「世界鳥瞰」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。