2016年の世界経済は、ニューノーマルならぬ「ニューアブノーマル」の時代に突入したと言えそうだ。 成長が伸び悩み、非伝統的な金融政策が拡大し、にもかかわらず物価も商品価格も下落する。 金融市場は実体経済と乖離し、政治的リスクにも反応しない。当分は異常な状況が続きそうだ。