ブルーカラー層に支持されて当選したトランプ米大統領だが、その経済政策は企業や富裕層を優遇するものだ。それに期待した株式市場は一時的に上昇したが、大統領と投資家たちの蜜月はそう長く続かないだろう。トランプ政権の近視眼的な政策が、雇用の喪失から貿易摩擦まで様々な弊害をもたらしかねないからだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3121文字 / 全文文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題