春節期間中も中国から多くの観光客が日本を訪れた。 中国経済が減速し、先行きが不安視される中でも、個人消費が堅調に推移していることが背景にある。 だが過剰生産能力などを解消する過程で、賃金や雇用に影響が及べば、頼みの消費に変調を来す恐れがある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2421文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

世界の頭脳に学ぶウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「世界鳥瞰」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。